フラワーアレンジメントとは?代表的なスタイルや基本の作り方などの基礎知識を解説!

当サイトではフラワーアレンジメントとはどのようなものなのか、代表的なスタイルや基本の作り方などの基礎知識を解説しています。
これからアレンジメントを学びたいと考えている人にとって、参考になるはずなのでお勧めです。
アレンジメントの代表的なスタイルを知れば、他の人の作品を見るときにもさらに楽しめるようになります。
そして花のアレンジメントの基本的な作り方を知ったら、自分でも作ってみることができるでしょう。

フラワーアレンジメントとは?代表的なスタイルや基本の作り方などの基礎知識を解説!

フラワーアレンジメントの基礎知識から知っておきたいという人もいるのではないでしょうか。
フラワーアレンジメントとは花を美しく活けたものです。
ドーム型やバーチカル型、それから扇形など様々な種類があります。
作り方としては花器に吸水性フォームをセットして、そこに花材を活けてくのが基本です。
フラワーアレンジメントとはスタイルによって作り方が異なるものなので、詳しく知りたい場合にはそれぞれの形を学ぶことをお勧めします。

フラワーアレンジメントとは?生け花との違いは?

フラワーアレンジメントとは、花器に入れた吸水スポンジに花を挿していき、飾り付けていくことを指します。
習い事として人気が高く、そのまま飾ることができることからプレゼントにも最適ですが、生け花との違いが分からないという方も少なくないでしょう。
これらは共通している部分が多いため混同されがちですが、分かりやすい違いとしては使用する道具があり、フラワーアレンジメントが吸水スポンジに花を挿していくのに対し、生け花では剣山を使うケースが多いです。
また、フラワーアレンジメントは装飾性を重視しており、多くの花を使って華やかになるようにデザインしていきます。
一方の生け花は芸術性を重視しており、多くの花を使うことは少なく、余計な枝葉を切り落とすなどすることで花の個性を引き出すようにデザインしていくという特徴があります。
そのため、フラワーアレンジメントは足し算の美、生け花は引き算の美と呼ばれているのですが、それぞれ異なる魅力があるので自身に合った方に取り組んでみると良いでしょう。

フラワーアレンジメントの歴史を知っておこう!

フラワーアレンジメントは華道と異なり、歴史が浅いように感じます。
ですが実際には紀元前3000年ごろにエジプトで発祥しました。
この時期にはすでにお花を装飾品のように扱い、贈り物やお祝い事、そして宗教的な行事などで使用しています。
その後花をつなぐ技術がギリシャ時代に開発され、より花をアレンジしてリース状にするようになりました。
リースを恋人同士で交換し、頭につける習慣が根付き、イギリス、フランスなどとヨーロッパ全土に広がって1600年前にアメリカに伝えられています。
日本では明治時代に入ってきました。
フラワーアレンジメントは今では宮中晩さん会において卓上花で使用されており、祭壇にも飾ります。
生け花は花の命そのものを表現するものですが、フラワーアレンジメントはお祝いとして使用するものであり、根本的に考え方が異なります。
さらに生け花は床の間に飾ることが多いですが、フラワーアレンジメントは卓上もしくは祭壇に飾り、この点においても西洋の椅子に座る文化が影響しています。

フラワーアレンジメントが人気を集める理由とは?

フラワーアレンジメントとは器の中に吸水スポンジなどを入れて、そこに切り花などを挿してデコレーションしたり、ラッピングされた花束のようなものです。
通常の花束と違ってラッピングを外しても花瓶に花を入れなおすなどの手間がかからないため、贈られた側にはもらったあとの管理がラク、持ち運びしやすくて扱いやすいと喜ばれます。
贈る側にも人気があり、現在ではフラワーアレンジメントの通信講座などもあるほど好評です。
通信講座などで知識と技術を身につければ素敵なアレンジメントが行えるようになり、花には癒しの効果があるためアレンジメントをしている最中も、できあがったあとも癒されることができる一生モノの趣味になります。
昔からある華道や生け花に通じるものがありますが、自分でお花をチョイスできるなどそれよりもっと気軽にチャレンジできて世界に一つだけの作品になる、花器や道具など専門の物が不要なので誰でもできるのが人気の理由です。

フラワーアレンジメントに必要な道具とは?

フラワーアレンジメントでは、使用する花材に加えて、切り花用のハサミ・吸水スポンジ・花器の3点が必ず必要になります。
ハサミについては、一般的なクラフト用のハサミをフラワーアレンジメントで使うと、茎をつぶしやすく花持ちが悪くなってしまうため、切り花用のものを一本用意しておくのがおすすめです。
また、フラワーアレンジメントではフローラルフォームとも呼ばれる吸水スポンジに花を挿していくので、吸水スポンジも欠かせない道具となります。
吸水スポンジは、一度使ったものでも傷みが少なければ再利用も可能ですが、一度乾くと水を吸わなくなるため再利用したい場合は水につけた状態で保管する必要があります。
花器は、水をたっぷりと含ませた吸水スポンジを入れることになるので、陶器やガラスなど水が漏れない素材でできたものを選択しましょう。
なお、フラワーアレンジメント初心者の方は、なるべくシンプルな花器を選ぶのがおすすめです。
シンプルなデザインであれば、どのようなテイストのアレンジメントでも使うことができます。

フラワーアレンジメントに関する情報サイト
フラワーアレンジメントの基本

当サイトではフラワーアレンジメントとはどのようなものなのか、代表的なスタイルや基本の作り方などの基礎知識を解説しています。これからアレンジメントを学びたいと考えている人にとって、参考になるはずなのでお勧めです。アレンジメントの代表的なスタイルを知れば、他の人の作品を見るときにもさらに楽しめるようになります。そして花のアレンジメントの基本的な作り方を知ったら、自分でも作ってみることができるでしょう。

Search